使わないブランド品の買取売り方

バッグなどのブランド品の買取売り方

昔買ってもほとんど使っていないブランド品を持て余している人は意外といます。使わないものを有効に処分するには、専門店に買取ってもらうのが合理的です。
ブランド品の買取売り方は、まずは売るもののホコリや汚れをとったりして、できるだけいい状態にします。ブランドの保証書や箱、付属品、紙袋なども、あれば揃えて持っていきます。付属品もできるだけ傷みのない状態だと、買取価格に反映します。買取店のカウンターに持って行き、必要な物をすべて渡して、査定を待ちます。
査定が終わって、金額に納得がいったら、買取のための書類に名前や住所などを記入し、身分証明書を見せます。どんなに低い値段でも、物を売るときは身分証明書が必要になります。買取金額を受け取って終了です。

高く買取ってもらう方法

ブランドバッグなどを少しでも高く買取って貰いたい場合、服や家電などの生活用品を広く扱っているリサイクルショップより、宝石、貴金属や時計など、高価なものを専門に買取を行っている店のほうが、高く買取ってくれる傾向にあります。リサイクルショップの店員はブランドに無知だったり、一括で買取価格が決められているという場合もあります。
また、チェーン店よりも、知識もある個人の専門店のほうが、ブランドの貴重さや個々の状態の価値を汲みとってくれる確率が強いと言われています。
もちろん買取店の方針や、買取時点の需要や在庫数にも、ブランド品の買取価格は大きく左右されます。もし納得がいかない価格なら、妥協せずにいくつか店を回る覚悟で探すほうが有効な場合もあります。